本文へスキップ

京都 祇園 古美術

TEL.075-561-3655

〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側244

ITEM DETAIL商品詳細

大垣昌訓 裂模様吸物碗 10客組
Oogaki Shokun

商品イメージ1
商品イメージ2
商品イメージ3
商品イメージ4
商品イメージ4
商品イメージ4
商品イメージ4
商品イメージ4

この商品について

価格
Price
サイズ 径7cm 高さ9cm
状態 良好
商品説明 大垣昌訓は、明治から昭和初期の加賀の蒔絵師です。小ぶりの吸物椀の内と外に落ち着いた色味の朱塗りがされています。見込みも同じ朱色で、無地です。
作家略歴 大垣 昌訓
1865(慶應元)年‐1937(昭和12)年
蒔絵師。金沢に生まれる。号國貞。高田茂三郎に師事。明治20年代に独立。内外の展覧会に出品し活躍する。明治25年に大垣工場を開設し、作家であると同時に、経営者あるいはデザイナーとして作品の制作・指導にあたった。また、置霜法や大垣七宝を考案するなど、蒔絵や?漆技法に改良を努め、加賀蒔絵を一段と華麗なものにする。後年宮内省御用となる。高度な技術と近代的な意匠の新しさは高く評価される。

店舗イメージ

shop info.店舗情報

奥田連峯堂

〒605-0073
京都府京都市東山区祇園町北側244
TEL.075-561-3655
FAX.075-525-1148
MAIL.