商品詳細

ホーム >  商品一覧 > 濱田 庄司 柿釉抜絵角瓶
民藝の作家
濱田 庄司 柿釉抜絵角瓶

 

 

 

 

 

 

 

口径3.4cm×2.6cm 胴径11.5cm×7cm 高さ19.5cm

 

黒色から茶褐色の柿釉の変化が美しい角瓶です。

片面に抽象文様、もう片面にトウキビ文様が抜絵の技法で描かれています。

抜絵とは、釉薬を施釉する前に蝋で文様を描き、釉薬をはじかせる技法で、濱田庄司は、この抜絵技法を好んで用いていました。

 

濱田 庄司

1894(明治27)年‐1978(昭和53)年

神奈川県生まれ。東京高等工業学校(現東京工業大学)窯業科に入学、板谷波山に師事。

同校を卒業後は、河井寛次郎と共に京都市立陶芸試験場にて主に釉薬の研究を行う。

この頃、柳宗悦、富本憲吉、バーナード・リーチの知遇を得る。

大正9年、イギリスに帰国するリーチに同行、共同してセント・アイヴスに築窯。

大正13年、帰国し、沖縄 壺屋窯などで学び、その後、栃木県益子町で作陶を開始。

昭和30年、人間国宝に認定。

この商品について問い合わせる