古美術用語集

ホーム >  古美術用語集
音丸耕堂

音丸耕堂 おとまる-こうどう 1898(明治31)- 1997(平成9) 大正-昭和時代の漆芸作家。 本名 芳雄。高松市に生まれる。12歳の時に、石井磬堂に弟子入りし、木彫、彫漆の技術を習得。高松で江戸時代末期に活躍した玉楮象谷の作品に傾倒し、模作しながら彫漆技術を身につけた。 1920(大正9)年頃、22歳頃に、日本画を竹内栖鳳門下の橘(穴吹)香邨、書を入谷香涯(数太)に学んだ。1921(

9代 白井 半七

9代 白井 半七 1928(昭和3)年 - 1987(昭和62)年 京都芸術大学卒業後、8代と同様に乾山写を得意とし、その他にも、独自の作風の茶陶も製している。昭和55年、兵庫県三田市大原に移窯。8代と共に料亭「吉兆」と親交を深めており、茶道具や会席の器など「吉兆好」の作品をよく残した。  

15代 沈 寿官

15代 沈 寿官 1959(昭和34)年 - 14代の長男で本名は一輝。1983年に早稲田大学を卒業、1988年にイタリア国立美術陶芸学校を修了。1999年、14代在世中に15代沈壽官を襲名。  

加藤 土師萌

加藤 土師萌 1900(明治33)年‐1968(昭和43)年 愛知県瀬戸生まれ。本名一(はじめ)。陶芸図案家から作陶に進み、岐阜県陶磁器試験場の技師となるかたわら、帝展工芸部に入選を重ねて注目される。横浜市日吉に築窯して陶芸に専念、戦後は日展や日本工芸会で活躍。1961年、色絵磁器の人間国宝に認定。  

石黒 宗麿

石黒 宗麿 1893(明治26)年‐1968(昭和43)年 富山県生まれ。東京、埼玉、金沢と転居しながら作陶を続け、昭和2年に京都市東山区に居を移す。特定の師にはつかず、古陶磁を教材として製陶研究に勤しんだ。その後、京都 八瀬に築窯した住居兼工房である「八瀬陶窯」で作陶を始める。昭和30年、鉄釉陶器の技法で人間国宝に認定。  

上田 恒次

上田恒次 1914 - 1987 1914年に京都の呉服商「松屋」に次男として生まれる。富本憲吉の『窯遍雑記』を読み陶芸家を志すようになる。 上田恒次は、河井寬次郎の弟子にあたる陶芸家である。 上田は京都市立第二工業学校(現京都市立伏見工業高等学校)陶磁器科を卒業し、 独学で建築を学んだ。上田は河井に弟子入りすることをなかなか許されなかったが、自邸の建築を相談した際に建築好き同士意気投合

井上 萬二

井上 萬二 1929 - 佐賀県西松浦郡有田町出身。 1952年頃、14代酒井田柿右衛門(「色絵磁器」人間国宝)、奥川忠右衛門 (「白磁の大型つぼ製作技術」人間国宝)らに師事、白磁制作の技法を習得した。 1958年から県立有田窯業試験場に勤務しながら磁器の成形、釉薬の研究を重ね、伝統的な白磁制作技法を極めた。 1969年、ペンシルベニア州立大学から有田焼の講師として招かれて渡米し、5ヶ

11代永楽善五郎(永楽保全)

11代永楽善五郎(永楽保全) 寛政7年~嘉永7年 (1795~1854) 名は千太郎。生家は京都上京の織屋沢井家と伝えられ、初め大徳寺黄梅院の大綱宗彦のもとで喝食となるが、大綱宗彦の仲介で了全の養子となる。文化4年(1807)頃である。 文化14年(1817)11代善五郎となる。この頃結婚するが、妻は女児を産んで亡くなる。その後、幼少時奉公した百足屋木村小兵衛氏の娘と再婚し、文政6年(182

16代永楽善五郎(永楽即全)

16代永楽善五郎(永楽即全) 大正6年~平成10年(1917~1998)享年82歳。 16代永楽善五郎。14代得全の甥15代正全の子。妙全の養嗣子。 三井家・三千家に出入りし数々の名品を作る。茶道隆盛と共に現代の名工の一人に数えられる。   大正11年:妙全の養子となる。 昭和10年:16代善五郎を襲名する。 昭和12年:大磯の三井家城山荘内に城山窯を築き、昭和20年まで毎