商品詳細

ホーム >  商品一覧 > 2代 伊東陶山 「蓮葉線香盆」
【 販売中 】
物故作家
2代 伊東陶山 「蓮葉線香盆」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

径15.5cm

高さ21cm(木の棒含む)

高さ5cm(木の棒含まない)

 

やきもので作られた線香を立てるお盆です。蓮の葉にカエルがいます。線香に見立てた木の棒が付いています。

裏側に陶山の印が有ります。伊東陶山は、京焼の家柄で、本作品は2代伊東陶山の作品です。

2代伊東陶山は、旧近江膳所藩の家老本多久邦の四男として生まれ、初代伊東陶山の婿養子になりました。その後、膳所 陽炎園の復興に尽力し、新窯を完成させました。

 

2代 伊東 陶山

1871(明治4)年 - 1937(昭和12)年

明治四年生。初代陶山の養子。旧近江膳所藩の家老本多久邦の四男として生まれる。内海吉堂に日本画を学んだが、その人柄と技法が見込まれ、初代陶山の後継者として入籍。

大正九年、膳所陽炎園復興に尽力、新窯完成。定展審査員をはじめ重職を歴任する。

この商品について問い合わせる