商品詳細

ホーム >  商品一覧 > 松井 康成「萃瓷練上酒呑」
【 販売中 】
酒器
松井 康成「萃瓷練上酒呑」

 

 

 

 

 

 

 

 

径7cm 高さ4.5cm

 

松井康成は、茨城県笠間市にある浄土宗 月崇寺の住職でもあり、田村耕一に師事した陶芸家でもあります。練上手の技法を研究し、人間国宝に認定されました。

練上とは、いくつかの異なった色の土を練り合わせたり、積み重ねたりして作られるため、器胎そのものが絵や文様となっています。

 

松井 康成

1927(昭和2)年 - 2003(平成15)年

長野県生まれ。明治大学を卒業し、茨城県笠間市にある浄土宗月崇寺の住職の跡を継ぐ。

その後、廃窯となっていた山門下の窯を再興し、東洋陶磁の研究を行う。栃木県の田村耕一に師事。練上手の技法を研究し、完成させ、昭和44年には第9回伝統工芸総裁賞や、日本陶磁協会賞などの数々の賞を受賞。平成5年、人間国宝に認定。

この商品について問い合わせる