商品詳細

ホーム >  商品一覧 > 河井寛次郎 泥刷毛目呉須扁壷 共箱
民藝の作家
河井寛次郎 泥刷毛目呉須扁壷 共箱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口径7.5cm 胴径16cm×14.5cm 高さ24.5cm

 

泥刷毛目とは、意に染まない筒描をやり直すために生乾きの泥漿を布で拭った際に、偶然拭き後に残った激しい荒波の様な模様の面白さに気づいたことから生まれた寛次郎独創の技法です。呉須の色はその深い藍色の中に渦巻く盛り上がったうねりが躍動感を表現しています。このエネルギッシュな表現は無作為であるかのように見えて、寛次郎の確かな意志をもって見る者に迫ってくるようです。箱の蓋の一部分に、少し焦げたような跡が見られます。

 

河井 寛次郎

1890(明治23)年‐1966(昭和41)年

島根県生まれ。東京高等工業学校窯業科卒後、京都市陶磁器試験場に入所。

京都市五条坂に窯を築き作陶を行う。東洋古陶磁の技法による作品を制作していたが、民藝運動に関わり、実用を意識した作品に取り組むようになる。

文化勲章、人間国宝、芸術院会員への推薦を辞退。

この商品について問い合わせる