商品詳細

ホーム >  商品一覧 > 初代 真清水 蔵六 染付独楽文様猪口10客組 共箱
酒器
初代 真清水 蔵六 染付独楽文様猪口10客組 共箱

 

 

 

 

 

 

 

 

径6.7cm 高さ3cm

ニュウ1客有

 

初代 真清水 蔵六

1822(文政5)年 - 1877(明治10)年

山城国乙訓郡久我村の庄屋清水源右衛門の三男。幼名 太三郎、名 蔵六、号 宗缶。13歳で京都の叔父、四代和気亀亭に入門。17歳の時、青磁を焼き、天保14年、五条坂に開窯、名を蔵六と改め、のち妙法院宮の命により、真清水と改姓。元治元年、孝明天皇への献茶の器一式を製作、玄々斎宗匠より「宗缶」の印を与えられた。色絵・金襴手・青磁・染付などに優れたが、抹茶器を最も得意とした。

この商品について問い合わせる