商品詳細

ホーム >  商品一覧 > 河井寛次郎 花紋碗 河井紅葩極箱
民藝の作家
河井寛次郎 花紋碗 河井紅葩極箱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口径8.5cm 胴径10.5cm 高さ11cm

 

大正から昭和の時代、民藝運動の中心的役割を担った陶工 河井寛次郎の作品です。

ほんのり赤みを帯びた地に、呉須、辰砂、鉄釉で花紋様が描かれています。

 

河井寛次郎

1890(明治23)年‐1966(昭和41)年

島根県生まれ。東京高等工業学校窯業科卒後、京都市陶磁器試験場に入所。京都市五条坂に窯を築き、作陶を行う。東洋古陶磁の技法による作品を制作していたが、民藝運動に関わり、実用を意識した作品に取り組むようになる。文化勲章、人間国宝、芸術院会員への推薦を辞退。

この商品について問い合わせる