商品詳細

ホーム >  商品一覧 > 芹澤 銈介  扇面文着物図
民藝の作家
芹澤 銈介  扇面文着物図

 

 

 

 

 

 

 

額のサイズ:48cm×57cm

 

色とりどりの扇が描かれています。着物に用いられる文様で、扇文・末広文とも呼ばれ、末が広がる(末広がり)ことから縁起のよい吉祥文様です。扇の中に絵がそれぞれ違い、楽しいです。右下に「せ」の銘が書かれています。

芹澤銈介は、柳宗悦の「工藝の道」を読み、深い感銘を受け、沖縄の紅型の美しさに強い衝撃を受けて、染色家になることを決意しました。そして、染色家として「型絵染」で人間国宝に認定されました。また、染色にとどまらず、本の装丁、ガラス絵、板絵、陶器の絵付け、看板や照明などのデザインなど、幅広い分野で活躍しました。

 

芹澤 銈介

1895(明治28)年 - 1984(昭和59)年

静岡市生まれ。東京高等学校図案科卒業後、生涯の師である柳宗悦と沖縄の染物紅型に出会ったことにより型染めを中心とした道に進む。1956年、人間国宝に認定。

この商品について問い合わせる