商品詳細

ホーム >  商品一覧 > 三浦 竹軒 赤絵龍鳳凰水注
煎茶道具
三浦 竹軒 赤絵龍鳳凰水注

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胴径13㎝ 直径16.5㎝ 高さ16㎝

 

胴に龍と鳳凰、丁子、唐草が、蓋に宝尽文様である金嚢、打ち出の小槌が描かれています。隙間なく描かれています。蓋裏に「三冝菴 竹軒造」と染付で銘があります。

 

三浦 竹軒

1900(明治33)年 - 1990(平成2)年

京都生。初代竹泉の三男。三代三浦竹泉。長兄二代竹泉が早世したため大正10年三代を襲名、昭和6年二代竹泉の長男に四代竹泉を継がせ、分家独立して竹軒と名乗る。金襴手を得意とし、仁清、乾山風の華麗な茶道具、花器が中心。政府認定技術保存資格者。京都伝統陶芸家協会員。

この商品について問い合わせる